幻の島

 

 2011年の夏、初めて根室半島の沖合に浮かぶユルリ島を訪れたとき、そこで眼にしたものは、失われゆく根室の自然を色濃く残した風景と、かつて昆布漁や馬産地として栄えたこの土地の歴史や風土が刻んだ痕跡であった。それらは、深い霧の中に埋もれ、忘れ去られ、ひっそりと沈んでゆく夕日のように淡く僕を照らした。その残火のような光を写真の中にとどめたことが、“消えゆくものたち”と交わした最初の対話だった。島の馬はいなくなる……。そして、島の存在も忘れ去られるだろう……。あの夏、僕はいままさに終わりを告げようとする残照の中、ひとり草原に立っていた。

 “消えゆくものたち”との対話は静かに続いた。季節は淡々と島の上を通り過ぎ、僕はそのいくばくかの時間を馬と共に過ごした。島を覆う海霧が草原の中へと消えゆくと、野花は葉を落とし、馬は冬毛をまとい冬支度を始める。やがて島の空に雪が舞い、色あせた草原が白く塗り替えられると、星空が雪原を照らし始め、馬はその光の下で寄り添い合い、その日、最後に歩みを止めた雪の上で、ただ静かに眠りに就く。そして、島の断崖を覆う巨大な氷の柱が徐々に解け、海鳥がそこでさえずり始めると、島にはまた海霧の季節がやってくる。季節は淡々と島の上を通り過ぎる。そして、霧の中から現れる馬の群れは、年を追うごとにその頭数を減らし、やがてそれは“群れ”ではなくなった。

 誰に頼まれるわけでもなく、拠点としている東京からひとり島に通い、10年以上の時が過ぎ去った。“消えゆくものたち”と向き合う時間は痛みを伴ったが、そこで眼にしてきたものを振り返ると、はかなくも、繊細で美しかった。それは、北の果ての海に偶然生まれ、取り残され、残存していた、ある種の聖域のようにも感じられた。深い霧の中をひとりさまよい、馬を探した夏の日に眼にした光景を、月明かりを頼りに雪原を歩き、馬と共に夜明けを迎えた冬の日の出来事を、私は生涯忘れることはないだろう。地図上に描かれた架空の島のように、島は記憶の中に存在し、馬は写真の中で生き続ける——。全てはたどり着くことのできない幻影となって——。しかし、辺境の海に浮かぶ“ユルリ”という名をもつその島は、深い霧の中でまだかすかな明かりをともしている。

 

岡田敦

 

 

岡田敦 | 写真家

1979年、北海道生まれ、東京在住。2003年、大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。2008年、東京工芸大学大学院芸術学研究科博士後期課程にて博士号(芸術学)を取得。同年、“写真界の芥川賞”とも称される木村伊兵衛写真賞を受賞。その他、北海道文化奨励賞、東川賞特別作家賞、富士フォトサロン新人賞などを受賞。主な写真集に『I am』(赤々舎/2007年)、『ataraxia』(青幻舎/2010年)、『世界』(赤々舎/2012年)、『MOTHER』(柏艪舎/2014年)、『安田章大写真集 LIFE IS』(マガジンハウス/2020年)などがある。作品は北海道立近代美術館、川崎市市民ミュージアム、東川町文化ギャラリーなどにパブリックコレクションされている。

http://okadaatsushi.com

 

 

ユルリ島は北海道の天然記念物に指定されているため島への無断上陸は禁止されています

 

 

The Horses of Lost World

 

In the summer of 2011, I visited Yururi Island off the Nemuro Peninsula for the first time. What I saw was a landscape deeply reminiscent of the vanishing nature of Nemuro, and traces of the history of the area, which flourished as a kelp fishing and horse-producing site. They were buried in the dense fog, forgotten, and illuminated me like a setting sun quietly sinking into the sea. Capturing those lingering lights in a photograph was the first dialogue with the “things disappearing.” The island’s horses will disappear…. And the island’s existence will be forgotten…. That summer, I was standing alone in the meadow in the afterglow of the sun setting down.

The dialogue with the “things disappearing” has continued in silence. The seasons passed over the island quietly, and I spent some of that time with the horses. The wildflowers drop their leaves as the island’s sea fog fades into the grasslands. The horses begin to prepare for winter by putting on their winter coats. Soon, the island’s sky was covered with snow, the faded grass was painted white, and the stars began to illuminate the snowy fields. The horses cuddle together under the light, and sleep standing still, quietly, on the snow where they stopped for the last time of the day. And as the huge icicles covering the island’s cliffs gradually melt and the sea birds begin to sing there, another sea fog season comes to the island. The seasons pass over the island quietly. And the herds of horses emerging from the fog diminish in number as the years go by, and eventually, they are no longer “herds” at all.

Without being asked to do so by anyone, I commuted to the island alone from my base in Tokyo, and more than ten years have passed since then. The time I spent facing the “things disappearing” was painful, but when I look back on what I have seen, it is fragile, delicate, and yet beautiful. It felt like a sanctuary accidentally born, left behind, and remaining in the sea in the far north. I will never forget the summer day when I wandered alone in the dense fog looking for the horses, or the winter day when I walked through the snowfield by moonlight and welcomed the dawn with the horses. Like an imaginary island drawn on a map, the island exists in memory. The horse lives on in the photograph. Everything becomes an illusion that cannot be traced. However, the island named “Yururi” in the remote sea still has a faint light in the dense fog.

 

OKADA Atsushi

 

 

OKADA Atsushi | Photographer

Born 1979 in Hokkaido, Japan. Graduated from the Department of Photography, Faculty of Art, Osaka University of Arts in 2003, and received his doctorate (Art) from the Graduate School of Arts, Tokyo Polytechnic University in 2008. In the same year, he won the Kimura Ihei Award, also known as the “Akutagawa Prize of the photography world.” He has also won the Hokkaido Cultural Encouragement Award, the Higashikawa Awards Special Photographer Award, and the Fuji Photo Salon New Face Award. His published works include I am (AKAAKA Art Publishing, 2007), ataraxia (Seigensha Art Publishing, 2010), THE WORLD (AKAAKA Art Publishing, 2012), MOTHER (Hakurosha, 2014) and Yasuda Shota Photo Collection: LIFE IS (Magazine House, 2020). His works are in the public collections of the Hokkaido Museum of Modern Art, the Kawasaki City Museum and the Higashikawa Bunka Gallery.

http://okadaatsushi.com

 

 

Yururi Island is a natural monument designated by Hokkaido, so landing other than academic research is prohibited.

 

ユルリ島 ウェブサイト

Since 2021 https://www.yururiisland.jp

 

 

Contact

Office Okada Atsushi
E-Mail: office@okadaatsushi.com

 

岡田敦写真事務所

お仕事のご依頼はこちらまでお問い合わせください
E-Mail: office@okadaatsushi.com

 

作品に関するご感想はこちらまでお寄せください
E-Mail: message@okadaatsushi.com

 

岡田敦 公式サイト
Facebook

 

Top

Site Policy

I 「OKADA Atsushi Official Site」は、写真家岡田敦の作品、書籍、仕事の紹介を目的とするサイトです。当サイトに掲載している全ての写真画像、動画、文章などの各所有権(著作権・出版権など)は、各所有権者が所有しています。当サイトに掲載されている全ての写真画像、動画は、著作権法、及び、国際著作権法によって保護されています。著者、又は、各著作権保護者の許可なく、無断複写、無断転載、各種データのコピーをすることは、固く禁じられています。当サイトに掲載している写真画像、動画、文章などの使用、または掲載などをご希望される方は、事前に必ずご一報いただけますようお願いいたします

II ユルリ島は北海道の天然記念物に指定されているため島への無断上陸は禁止されています。当サイトに掲載しているユルリ島の写真及び映像は、島の環境及び動植物の調査・研究のため特別に許可を得て撮影しています

 

岡田敦写真事務所 岡田敦